辛い時期を乗り切ろう

中年女性

更年期になりますと体に様々な症状が出てきます。生活に影響があるほどのひどい症状の方もいます。漢方は、副作用がなく、体に良い効果があります。昔から漢方は知られていますし、更年期だけではなく日頃から健康の為に漢方を取り入れる事は良いです。

詳細を確認する...

更年期外来

メディシン

レディースクリニックに、更年期外来という新たな診療科がお目見えしています。これまで、専門の診療科が存在しなかった更年期障害に、産婦人科学会が光を当てたのです。更年期外来では、薬を処方するだけでなく、メンタル面など幅広い内容で、更年期障害に悩む女性をサポートします。

詳細を確認する...

女性の不調を解決

栄養補助剤

女性の更年期における辛い症状はすぐにでも治したいとして、更年期障害に役立つサプリメントを取り入れる方法があります。 サプリメントが今最も私たちの身近にあるものとして、利用しやすい点もあり評判となっています。

詳細を確認する...

治療方法がない病気の一つ

老人

認知症の一種です

医療の進んだ現代ですが、治療方法が確立されていない病気がいくつも存在しています。その一つが、アルツハイマーと呼ばれる病気です。認知症の一種とされており、認知症の中の七割を占めるとされています。主な症状としては、人格の変化があげられるのです。発症してからの症状は、どんどん進行していきます。軽度の認知障害がおきてから、やがて生活に支障をきたすほどとなり最終的には寝たきりになるのです。65歳以上で発症するケースが多いのですが、5%ほどは若年性アルツハイマーがみられます。発症の要因は、遺伝とも生活習慣や高血圧症、糖尿病などもリスクが高いのです。明確な治療方法が、確立されていない以上は予防につとめることこそがアルツハイマー対策として有効になります。

発症のリスクを下げるには

適度に体を動かすことで、脳の血流量も増すので運動がリスクを下げるのは間違いがないです。他にも気をつけるべきなのが、食習慣になります。効果が高いとされているのが、オメガ脂肪酸と呼ばれ注目されている栄養素です。特に意識したいのは、アラキドン酸とドコサヘキサエン酸及びエイコサペンタエン酸があげられます。アラキドン酸はARAと書かれ、卵やレバーに多く含まれているのです。ドコサヘキサエン酸はDHAと、エイコサペンタエン酸はEPAと書かれます。この二つは、青魚に多く含まれていることが知られているのです。アルツハイマー発症のリスクを下げるには、この三つの栄養素が効果的です。毎日の食事で、この栄養素を必要量とるのは現実では難しいものがあります。そこで登場するのが、必要な栄養素をとれるサプリメントというわけです。